ケアマネージャーがするケアマネジメントの手順

アセスメントシート

アセスメントが終わったら、聞き取りの内容を「アセスメントシート」にまとめます。

 

アセスメント方式は、使いやすいものを使えば良いと思うのですが、
自治体によっては様式が決められている場合もあるので確認しましょう。

 

ですが、包括式が良い、MDSが良いといっても、
担当するケースにより、向き不向きもあります。

 

結局は、自分にとって使いやすいものはどれか、
どれが使いこなせるかということがポイントになってきます。

 

活躍しているケアマネージャーのなかには、
自分でオリジナルのアセスメントシートを作っている人も多いです。

 

* アセスメントシートの例

 

・包括式自立支援プログラム

 

包括式自立支援プログラムのアセスメントシートは、
主に居宅介護支援事業所で使われます。

 

このアセスメントシートは、利用者が現在置かれている状況を、
「食事、水分摂取等に関するケア」、「排泄に関するケア」、
「入浴、清拭等に関するケア」、「洗面、口腔清潔、整容、更衣に関するケア」、
「基本動作解除、リハビリテーション等に関するケア」の5つの視点から観察し、
課題分析を行なおうとするものです。

 

分析された課題は、「要介護者等の健康上や生活上の問題点、
及び解決すべき課題」として、ケアプランに挙げる課題になります。

 

・認知症の人のためのケアマネジメントセンター方式

 

認知症の人のためのケアマネジメントセンター方式は、
主にグループホームで使われているアセスメントシートで、
一般的に「センター方式」と呼ばれているものです。

 

古くは、「認知症高齢者ケアマネジメントセンター方式」と呼ばれていました。

 

認知症の人のためのケアマネジメントセンター方式のアセスメントシートは、
認知症高齢者ケアマネジメントを前提に開発されたアセスメントシートです。

 

ですから、調査項目には、認知症に関する項目が充実しています。

 

そして、「その人らしいあり方」、「安心」、「快適」、「自分の力の発揮」、
「なじみの暮らしの継続」の共通の5つの視点を持ちながら、
協同でケアをしていくという過程をマネジメントしていく一連の方法を導き出すという
考え方に基づいて作られています。

 

・MDS方式

 

MDS方式のアセスメントシートは、
もともとは、アメリカのナーシングホーム(日本の特別養護老人ホームのようなホーム)で、
その利用をきっかけに作られたもので、
在宅復帰を目的とした介護老人保健施設で多く使われています。

 

ケアをしていくためのさまざまな課題を、
「機能面」、「感覚面」、「精神面」、「健康問題」、「ケアの管理」、「失禁の管理」に区分し、
そこからケアプランへとつなげていきます。

 

在宅と施設を行き来するような人に適切なアセスメントシートだといわれています。

 

 

このようにケアマネージャーが使うアセスメントシートは色々あります。

 

用途や目的、内容など、自分が使いやすいものを選んで使いましょう。

 

自治体で決められている場合は、その形式のものを使ってください。