ケアマネージャーがするケアマネジメントの手順

ケアマネジメントの流れ

ケアマネージャーとして仕事をするときには、
仕事のつながりを理解することが大切です。

 

そして、一つひとつの作業の意味とお互いの関連性を理解し、
次の仕事につなげていく事が必要です。

アセスメント

アセスメントでは、相談に来た人と相談して相手のことをよく知り、
生活上の問題や希望を詳しく聞きます。

 

ケアマネジメントでは、このアセスメントが最も重要です。

 

ですから、この作業がこの後につながっていくのだという意識を持って
アセスメントを行なう事が必要です。

 

アセスメントには、「課題分析」とも呼ばれ、
以下のような事を目的として行ないます。

アセスメントの目的

・利用者の生活状況を確認する。

 

・利用者のご家族の生活状況を確認する。

 

・介護サービスを利用するに至った問題の確認をする。

 

・表面化しているニーズ、隠されたニーズや問題を発見する。

 

・利用者の強みを発見する。

 

・援助の方向性を設定する。

 

・目標を設定する。

 

 

上記のような事を目的として行なったアセスメントをもとに、
課題や目標を考え、ケアプランを作成します。

 

ですから、課題分析(アセスメント)は、
見落としなく行なわれなければなりません。

 

そして、アセスメントを綿密に行なう事によって、
ケアマネージャーは利用者本人と、そのご家族にとっての最大の理解者になることができます。

 

そして、お互いの信頼関係の構築をすることができます。

アセスメントから汲み取れる利用者の希望

アセスメントでは、望んでいる生活を阻む問題だけでなく、
利用者が現在、生活上行なっている事や、できていることをピックアップすると、
利用者が望む生活への思いを発見することができます。

 

たとえば、「以前、転んで骨折してから、自力歩行が難しい」という場合で、
「自宅に手すりなどはないけれど、家具などにつかまって自力で移動し、
排泄も自力で、トイレを利用している。」という利用者さんをアセスメントするとします。

 

その際、この利用者さんの「生活上行なっていること」や「できていること」を評価します。

 

この場合では、「自宅内では、周りの家具などにつかまって歩いている。」、
「トイレには、自力でつかまりながら、自分で行っている。」などです。

 

このようなことから、「家族に迷惑をかけずに、
自宅でなるべく自立した生活を送りたい」、
「住み慣れた自分の家で、生活を続けたい。」
という利用者さんの希望を汲み取ることができます。

 

利用者さんが、自らの口で、「住みなれた自分の家で、
なるべく家族に迷惑をかけないように生活したい。」といわなかったとしても、
ケアマネージャーは、アセスメントを通して、このような本人の希望に気づくことが必要です。

 

そして、このような隠されたニーズに対する課題も含めながら、
次のケアプランの作成を行っていきます。

 

また、課題分析(アセスメント)の内容は、
ケアマネージャーだけが分かっていれば良いというものではありません。

 

利用者ご本人や、ご家族も共通の理解のもとで行なうようにしましょう。